会社沿革(~1950年代)

1925年
  • 絹・人絹広幅織物の卸売業務を主軸とした「株式会社澤村商店」を 神戸市葺合区に設立(1872年創業の「澤村太七商店」より分離独立)
1930年
  • 大阪営業所開設(大阪市東区備後町)
1937年
  • 京都営業所開設(京都市中京区新町通錦小路)
1944年
  • 太平洋戦争勃発(1941年~)により、神戸本店、大阪・京都営業所の事業を一時中断
1948年
  • 京都営業所から神戸本店、次いで大阪営業所が事業再開
1953年
  • 大阪営業所を移転(大阪市東区南本町/現本社所在地)
1954年
  • 東京営業所開設(東京都中央区日本橋大伝馬町)
1955年
  • 大阪営業所が大阪本部に昇格
1958年
  • ナイロントリコットをインナー・ランジェリーの縫製メーカーに販売業界にブームを起こす。
  • 業界初の「素材展」開催「澤村会」結成。